インプラント治療するうえで知っておくべきこと

インプラント治療をしたい

千葉の歯科でインプラント治療を受ける方が増えているようです。ただ、インプラント治療を受けたいと思ってもどのような治療なのか不安に感じてる方もいらっしゃることでしょう。下記に治療内容についてまとめましたので、不安解消のためにチェックしておくといいです。

インプラント治療するうえで知っておくべきこと

インプラント

カウンセリング

治療を開始する前に問診票を記入します。「歯の状態」「どういった仕上がりにしたいか」など詳細に記入するようにしましょう。記入した問診票をもとにカウンセリングを実施します。インプラント治療の内容の説明があるはずです。カウンセリング後に、咬み合わせのチェックや歯型を採取するなどの検査を行います。検査の資料を元に今後の治療スケジュールについて詳細に説明がありますので、理解を深めるためにもきちんと聞くようにしましょう。説明内容に納得がいきましたら、いよいよ治療が開始されます。

治療スタート

もし虫歯や歯周病になっていた場合、インプラント治療をすることができませんので、これらの病気から治療をします。またインプラント治療をするためには、ある程度のアゴの骨の量が必要です。十分な骨の量がない場合は、骨を再生するための治療を実施します。インプラント治療するうえでの準備が整ったら、まず始めにアゴの骨に穴を空けてインプラント体を埋め込みます。このインプラント体が骨と結合するまでしばらく間を開けることになりますので気長に待ちましょう。結合するまで大体半年前後かかります。結合したら、歯冠の部分を装着し完了です。

定期的なメンテナンス

治療が完了したからといって、これで終わりではありません。大体2、3ヶ月に一回検診をすることになります。噛み合わせの状態はよいか、また虫歯や歯周病などの病気になっていないかといったチェックを行います。また検診を受けることも大切ですが、毎日の歯磨きもかかさないようにしましょう。正しい歯磨きの仕方は歯科医師からきちんと指導されますので、忘れないようにメモをとるとよいと思います。

メンテナンスや歯磨きはサボらないようにしよう

インプラントの寿命を長くするために、必ずメンテナンスと歯磨きを欠かさないようにしましょう。これを怠ってしまうとインプラント周囲炎という病気になる可能性があります。この病気にかかるとインプラントが抜けてしまい、せっかくの治療が無駄になってしまいます。このようなトラブルを防ぐためにもメンテナンスと歯磨きは大切です。

広告募集中